2014年02月24日

スケート

こんばんわ
南国ではありませんが、みかんが育つ和歌山には、雪は夢だ!
夢は実現した、和歌山で小学生以来に雪が積もったのだ!

冬の五輪の方がなんか純粋にスポーツという気もするときも感じましたが、
スケートしたくなったのはちびっ子たちもそのようです!

昔、国体道路の今のラウンドワンあたりにアイススケートあり、健心館が出来るまで、週末はよく家族で出かけていた。うちが道場をやりだしてから、
それはなくなり、家族で、柔道で楽しむことも多かったけど、犠牲にしたものも多かったと思う。

その柔道をやっていなかった頃の、週末のスケート
小さいから習得も早く、ビュンビュンスケートしていた!

でも、ある日気づいたら、家の和室で目が覚めた!

かなり頭から転倒して脳震盪起こしたのだろう!

でも、昔の親は大胆です!

意識ない子供を病院も連れていかず家でねさせるって!

これはすごい!

その勇気をたたえます!

おそらく目が覚めるまで1時間くらい経っているはずです!

逆の立場になっていたら、今の時代は救急車やろな!

過保護は大嫌いですが、万が一の万が一だったら恐ろしいという気持ちには逆らえないと思う。

だから昔の子供は、逞しかったのかもしれない。





iPhoneから送信


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。